アンチエイジング 抗加齢医学 アンチエイジング 抵加齢医学
  1. HOME
  2. 診療科目・治療内容
  3. アンチエイジング
  4. アンチエイジングドッグ(抗加齢医学)

オプティマル・ヘルスに導くアンチエイジングドッグ 加齢と眼疾患

抗加齢医学(アンチエイジング医学)近年アメリカでは「オプティマル・ヘルス」という考え方が出てきています。オプティマル・ヘルスとは、  『最善の健康』状態のことで、心も体も生き生きとしていて、人間として最高の(オプティカル)の健康状態であることを示し、70歳なら70歳で作りうる最高の健康、80歳なら80歳の50歳なら50歳の、つまりその時の年齢での最高の健康状態を表している言葉なのです。
山田眼科では、患者様をこのオプティマル・ヘルスに導くべく、人間ドックとアンチエイジングドッグを行い、老化や生活習慣病などの病気についても早期に発見を行い、予防と早期治療を目指します。

■これからは人間ドッグ + アンチエイジング
 山田眼科では、骨年齢・血管年齢・ホルモン年齢・筋年齢・脳年齢を評価し理想的な健康状態に向けてアドバイスを行います。健康長寿を目的とする抗加齢医学において、アンチエイジングドッグは、診断的役割を果すことを目的とします。 眼科とアンチエイジングの世界とはあまり関係ないように思えるかもしれませんが、実はかなり密接な関係があります。特に白内障、老視、加齢黄斑変性、ドライアイ、緑内障などの眼疾患は加齢と直接結びついています。

体内年齢検査項目
 (1) 骨年齢
 (2) 血液管年齢
 (3) ホルモン年齢
 (4) 肌年齢
 (5) 脳年齢
 (6) 筋年齢

長野市 山田眼科

アンチエイジングドッグ(抵加齢)医学とは

 抗加齢医学(アンチエイジング医学)とは、加齢という生物学的プロセスを考慮し、加齢に伴う動脈硬化や、がんのような加齢関連疾患の発症確率を下げ、健康長寿をめざす医学のことです。

 また、従来の医療が対象にしていた「病気の治療」から、「健康な人のさらなる健康」を指導するプラス医療で、究極の予防医学です。元気に長寿を享受することを目指す理論的・実践的科学ともいえます。100歳以上の超高齢者の機能的・形態学的な研究から、諸臓器のバランスのよい生理的な老化は多くの人に見られる病気的な老化と比べて進行が穏やかであることが分かってきました。つまり、老化的現象のかなりの部分が病的でアンバランスな老化であることが知られてきたのです。

 アンバランスな病的な老化を、積極的に予防し、治療することが抗年齢医学の目標です。老化の原因と考えられる「ホルモン低下」、「酸化ストレス」、「免疫力低下」・・・などを防ぐために、今まで医療として積極的に介入してこなかったサプリメント指導を含む栄養指導や、運動もストレスケアなどをも含めて対処していき、医師も医療従事者にとっては、今までの専門分野に特化していた研究や臨床を、「老化」という視点から全身に広げて学ぶことが求められています。当院では、このアンチエイジングに積極的に取り組みます。

アンチエイジングドッグの流れ

 1.事前予約
   検査の予約、注意事項をお話します。

 2.検査
   眼底の検査を行います。
   (オプションで血管年齢、肌年齢、脳年齢、骨年齢の測定を行います。)

 3.検査データの解析
   検査結果から老化度や健康状態が判定されます。

 4.診察
   検査結果について詳しく説明を行います。

 5.生活習慣の改善
   検査結果に基づいて、どのように生活習慣や食事改善をすれば老化を防ぐ健康な状態に近づくかの     説明をします。

長野県 長野市 眼科

眼年齢検査 眼年齢を知る

眼年齢検査 正常な眼底眼年齢を知ることが、アンチエイジングの始まり。
眼底は、血管が外から直接見ることが出来る唯一の部位です。眼底を診る事で、健康状態を把握することや糖尿病や高血圧など全身の病気を知ることができます。

当院では、眼のトータル検査を行うことでも、自分の眼年齢を知っていただき、病気などの予防を行います。


糖尿病の眼底眼年齢検査項目
①視力・眼圧・調節力検査
②角膜内皮細胞検査
③視野・走査式周辺全房深度計(SPAC)・視神経線維層解析装置(GDX)
④眼底カメラ
⑤涙液分析量検査
⑥眼底検査
⑦血管年齢検査

長野県 長野市 眼科

診療科目 治療内容 視力回復