心療眼科 大人の心因性視力障害
  1. HOME
  2. 診療科目・治療内容
  3. 心療眼科
  4. 大人の心因性視力障害

更年期・成人女性 大人に該当する心因性視力障害

弱視の治療/ロービジョンの治療 心のストレスによって起こる心因性視力障害は、子供だけではなく大人にも、特に更年期の女性に見られます。
生活環境の変化や職場での悩み、介護問題など、大人も日々多くのストレスにさらされ、特に更年期には自分の体調の変化なども顕著に感じる時期です。
更年期の女性は多くの症状を訴えることがあります。更年期の女性が訴える目がかすむ、目の周りが痛むなど眼科的なものは勿論、頭痛、耳鳴り、めまい、ふらつき、胃腸症状、肩こり、腰痛、手足のしびれなどの症状も心理的要素が大きい場合があります。すでに他の多くの診療科を受診していることが多々あり、「どこがわるいのかとイライラしたりします、気持ちをわかってくれない医者に対しての怒りからもう仕方ない」と諦める場合もあります。

心のバランスが視力を妨げる場合がある事を知っていただくことも眼科専門医としての医療活動だと考えております。
更年期になると子供も独り立ちし、また家の中で1人で過ごす時間もおおくなることで孤独と感じてしまうケースもあります。人と接することも少なくなり、言葉を交わすことも少なくなり、次第に心も閉じ込めるようになることが原因となる場合もあります。

長野市 山田眼科

視力障害は心のバランス・ストレスからも起こります

「緊張で身体が硬くなる」という表現がありますが、ストレスを感じる時もまた、身体全体の筋肉が硬直してしまい、自律神経のバランスが崩れることがあります。
眼の周りの筋肉にも力が入ってしまい、ピントの役割をうまく果たせなくなります。
その結果視力障害が起こることがあります。

弱視の治療/ロービジョンの治療 眼科を訪れる患者様も、心に悩みを抱え、バランスを崩したことで視力的の異常を感じている場合があります。このような時こそ、医師は患者様の話を頷きながらじっくり話を聞いたうえで、ストレスと視力障害の関係について詳しく説明すると、患者さんはほっとされるようです。心のバランスのちょっとした不均衡によって視力に障害が出ることがあるのが大人の心因性視力障害です。心因性視力障害の多くは小学生のお子さんに多く発生するものですが、更年期を迎えた女性にもこのような症状が発生する事もあります。

 近年、うつ病など精神を病んでいる人が増えていますが、心身症なども含めると心療内科に通院している方はかなりの数になると思います。その心療内科に通院されている方の中にも視力障害を併発している場合があり、視力や視野の範囲を失うことで余計に症状の悪化に繋がる場合があります。

 目は口ほどに物を言うと言いますが、患者さんがちょっとした心の問題を抱えていそうなとき、目の表情は変わります。目は心の窓でもあり、心因性の問題を解決に導くこと、ほぐしてあげることが視力回復になる場合があります。専門医師でなくとも、親身になって話を聞いてあげる努力が、家族や周囲の人にも必要であることを知っていただきたいと考えております。

長野県 長野市 眼科

診療科目 治療内容 視力回復