視力回復トレーニング 視力回復トレーニング
  1. HOME
  2. 診療科目・治療内容
  3. 心療眼科
  4. 視力回復トレーニング

心因性視力障害のトレーニング 心のバランスを取り戻す

心因性視力障害 トレーニング 心因性の視力低下の場合は、心のバランスを取り戻すことが重要となりますので、通常の視力トレーニングとは方法が異なります。心因性視力障害の多くは原因が不明の場合が多く、本人の性格や気質、環境に影響を受けるものが多いと考えられます。親に認められたいとか、いい子でいたい、と考える子供に多いといわれています。また、自分の感情を優先させず、ストレスをおさえこもうとする性格の子供に多い傾向があります。

環境要因のひとつである家庭内要因では、母親の愛情が大きくかかわってきます。この場合、子供に過干渉するケースと、関係が希薄なケースとがあります。母親をはじめとする周囲の大人が、適度に子供にかかわっていくことが、改善トレーニングポイントとなります。

心理的に不安定な思春期前期では、ささいなことでも、視力低下に影響しますので、原因が複数あったりして特定できず、改善がむずかしい場合もありますが、大事なことは、母親が、こういう病気もあるのだと、しっかり認識することです。そして、子供とよく話し合い、子供の立場にたって考えてみる事が視力回復のトレーニングとなります。

心療眼科 トレーニング
長野市 山田眼科

子どもとの関わり方を考え、心を開放させてあげる

心因性視力障害 お子様の視力回復トレーニングも重要ですが、いちばん重要な事は大人が子供に適度な関係でかかわるというトレーニングだと思います。過剰にならず、希薄にならない関係であり、時として母親がその重圧を感じてしまうことがありますが、重圧として考えるのではなく、兄弟姉妹を比較する事なくすればよいことです。 その後にお子様の本来の視力回復トレーニングをする事なのです。
子供が「心因性視力障害」という『心の悲鳴』を発したのを機会にご家庭での養育方針や子供への関わり方を変えてみることも大切です。

おいしい料理をつくり、一緒に食事をとるようにする、
リラックスした睡眠の時間を与える、添い寝してあげる、
子どもの「いい部分」に着目して褒めてあげる、
外に出て、子どもと一緒に遊んであげる、
など、子どもと楽しく過ごせる時間を増やしたり、スキンシップを取ったりすることで、子どももリラックスし、ストレスが軽減されていくことと思います。

いい子でありすぎない、元気、勇気、笑顔いっぱいの風の子

心因性視力障害 最近のお子様は、学校のあとの塾などで、外で遊ぶ機会を昔と比べて失っている傾向にあります。競争教育の中で優劣が需要とされる時代になってから、心のバランスを壊してしまうようになりました。競争をさせない学校教育の中にありながら、個人での競争は激しさを増し、本来のこどもらしさを失ってきているように思います。だからといって競争をしないように養育してくださいと言うのではなく、時には心を開放させてあげることも必要だということです。そして親御さんも一緒に心を開放する事だと思います。

元気、勇気、笑顔にあふれる時間を過ごし、一緒に笑い、一緒に泣く、そんな事が子供の脳に情緒豊かな個性を育むものです。今の時代難しいことかも知れませんが、抱きしめてあげることの大切さをもう一度行ってみていただくときっと好転されると思います。

長野県 長野市 眼科

診療科目 治療内容 視力回復