白内障 白内障
  1. HOME
  2. 診療科目・治療内容
  3. 診療科目
  4. 白内障

白内障の症状 老人性白内障

白内障 老人性白内障 白内障は、目のレンズである水晶体が白く濁る為、かすんで見えにくくなる病気です。 
白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。
早い人は40代から症状が見られ、80代ではほぼ100%の人に白内障による視力低下が認められます。加齢により水晶体が白くにごるために、見えにくくなります。一種の老化現象です。最近では、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症として、若い人の発症も増えています。個人差が大きく、にごりが強くなると症状が出ます。

白内障になると目のレンズが曇ることにより、視力が低下し、以下のような症状が出てきます。
・霞んで見える。
・明るいところへ出るとまぶしくて見にくい。
・どんなに調整しても眼鏡があわない。
・視界がぼやけて二重・三重に見える。

白内障だけでは痛みや充血などがでることはありません。

長野市 山田眼科

白内障の治療

 点眼薬や内服薬で水晶体の混濁を確実に治すことはできません。
したがって白内障の治療は、混濁がそれ以上進行しないようにすることが主となります。進行した白内障に対しては、濁った水晶体を手術で取り除き、眼内レンズを挿入する方法が一般的に行われます。

白内障の手術

 水晶体の混濁が進行し、視力障害を引き起こしてきたら、最終的には手術をして滞った水晶体を取り除きます。最近では、手術法のめざましい発達によって、本人が見えにくく不自由だと思った時点で手術は可能です。
 あまり長期間放置すると、緑内障やブドウ膜炎などを起こすことがあり、そうなると手術後の視力も期待できなくなってしまいます。結局、手術時期は日常生活に不自由を感じ始めたときで、医学的に遅すぎないうち(時)、ということになるでしょう。

白内障手術 多焦点眼内レンズ
長野県 長野市 眼科

新世代の白内障手術 多焦点眼内レンズ

白内障手術 多焦点眼内レンズ 現在、一般的に行われている白内障の手術では単焦点眼内レンズが用いられています。
白内障の手術をすると眼鏡なしで遠くも近くも全て良く見えるという訳ではありません。
 遠くを見えるようにすると、新聞を読む時や縫い物をする時などはぼやけて見えてしまい、老眼鏡が必要となります。
 近くを見えるようにすると、外を出歩いたり、車の運転をする時などは眼鏡が必要になります。このように単焦点眼内レンズの場合は眼鏡が必要になります。
 しかし、多焦点眼内レンズ(遠近両用眼内レンズ)は遠くと近くにピントが合う為、遠くの物や手元の新聞の文字も眼鏡を掛けずに見る事が出来ます。
 ただし、強い光を眩しく感じたり(グレア)、光の周辺に輪がかかって見えたり(ハロー)することがあります。個人差はありますが、手術後の時間の経過とともに慣れてくると思われます。

単焦点眼内レンズ

遠くにピントが合っている時(単焦点眼内レンズ)

多焦点眼内レンズ

遠くと近く両方にピントが合っている時(多焦点眼内レンズ)

長野県 長野市 眼科

診療科目 治療内容 視力回復