山田眼科 院内設備
  1. HOME
  2. 山田眼科について
  3. 院内設備

山田眼科 院内設備

山田眼科の明るく広いロビーと最新の医療機器

院内設備 装置①眼科医院の入り口
②アイケア入り口
③眼科医院内の待合室
④右下:最新の医療機器

●眼科医院に入り右側には、眼を休める機器や目の状態を自分で確認できる機器が設置され、更に各種病気に関する資料が展示されています。
●眼科専門医併設店であるアイケアでは、コンタクト、メガネの専門店であり、各種眼科手術後に利用する補助用具や、国内でも取り扱いが少ない用品があります。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

最新医療機器 検査機器

最新医療機器 検査機器①視野検査
②眼底カメラなどの機器
③視力検査
④処置室

●山田眼科の医療機器は、精密機器を含め、常に安心・安全に使用できるようにメンテナンスをされています。
●他にも、各種視力に関する検査が可能です。
◇動体視力検査
◇深視力検査
大型免許、二種免許の取得・更新時に深視力検査が必要になります。

◆最新医療機器として超広角眼底観察装置が配備されました。

Optos社製 Daytonaは、超広角SLOであり、画角200度、眼底の80%以上の領域を無散瞳、非侵襲で撮影します。
詳細はこちらをご覧ください。

最新設備 検査 医療機器深達度の違い
赤色レーザ光は脈絡膜層で、緑色レーザ光は網膜層で反射されますので、
それぞれの画像を確認することで病変の部位を特定できます。

Optomap plus
赤色レーザ光、緑色レーザ光それぞれで取得した画像と、それらを合成した疑似カラー画像を個別に表示できます。
レーザ光の波長により深達度が異なるので、病変の部位を判別できます。

optomap af
緑色レーザ光により、眼底の自発蛍光画像を超広角で撮影できます。
ドルーゼンの原因となるリポフスチンの蓄積されている様子を画像として捉え、AMD等の診断をより確実なものにします。

検査、診察を考慮したレイアウト リラックスルームで行う眼(目)のマッサージ

山田眼科では、診察室と各種検査室との移動や、コンタクト処方等で、何度も行き来できるようなレイアウトで設計されております。更に待合時間や処置順番が判るようにも配置されたり、診察予約ができるような配慮にも対応しています。

山田眼科 診察設備①診察室
②各種検査室
③診察室
④リラックスルーム
⑤コンタクトのアイケア受付
⑥コンタクトの装着練習場所
⑦アンチエイジング用化粧品
⑧朝礼の風景

●リラックスルームで処置前後における緊張をほぐしていただけるような設備も整えており、患者様側に立った安心体制についても考慮しています。

●治療をして良く見えるようになると、自分の顔のシワやシミなどが気になるようになった、というお悩みが聞かれるようになったため、アンチエイジング用の化粧品なども揃えました。

長野市 山田眼科

診療科目 治療内容 視力回復