網膜硝子体クリニック 網膜硝子体クリニック
  1. HOME
  2. 診療科目・治療内容
  3. 診療科目
  4. 網膜硝子体クリニック

網膜硝子体クリニック

網膜硝子体クリニック 眼球は、虹彩(茶目)・水晶体を境目に、前方に位置し、水分が循環している前房と、後方に位置し、眼球容積の8割を占めている硝子体腔(くう)から成っています。後半部の硝子体腔には99%水分から成る無色透明な半流動体ゲルが存在し硝子体と呼ばれています。

 硝子体(しょうしたい)は眼球の内部の大部分を満たしている無色透明のゼリー状のもの(透明なゲル)で99%が水です。
 硝子体は水晶体の後ろに接し,眼球の奥では,一部で網膜とくっついていますが,ほとんどは接しているだけです。眼球の形を保つと同時に入ってくる光を屈折させるのが硝子体です。この硝子体は病気が起こると病気の進行に大きく関与していく事が判っています。具体的な硝子体の手術は、混濁した硝子体や増殖した網膜硝子体の組織、あるいは貯留した血液や病原菌を除去し、疾患が進行を除くことや網膜への牽引を除去すること等です。

長野市 山田眼科

網膜硝子体の対象 眼底疾患の例

硝子体手術の対象となる眼底疾患は多くあります。

硝子体出血

 硝子体出血を起こす具体的眼疾患としては糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症などがあります。これらの疾患では、本来健常な眼では起こり得ない新生血管が硝子体中に出現し、その破綻によって硝子体腔が血液で満たされるため視力が急に低下します。

網膜剥離

 症の網膜剥離では手術は不要ですが、網膜剥離が発症してからの期間が長い場合や網膜が全剥離している場合など、また網膜の破れ(裂孔)が大きい場合や、裂孔がたくさん存在し網膜の深部に存在する場合など重症網膜剥離に対しては、手術を行います。

黄斑円孔

黄斑円孔とは黄斑部の中心(中心窩という)の網膜に穴があいたものです。 その成因によって主に特発性、近視性、外傷性、続発性に分類されます。 頻度の高い特発性と放置すれば失明する、近視性は重篤なケースとなります。

黄斑前膜

 黄斑前膜(おうはんぜんまく)ですがものがゆがんで見えたり視力が低下してくる病気です。眼球の網膜の前に膜が張って黄斑がそれに遮られて見えにくくなってしまう病気です。
 50歳、60歳代に多く、女性に多い傾向があります。初期には、血管が蛇行しますが膜が透明のために視力など正常で自覚症状はありません。

ぶどう膜炎

ぶどう膜とは、脈絡膜〈みゃくらくまく〉と毛様体〈もうようたい〉、虹彩〈こうさい〉の三つを まとめて呼ぶ総称です。これらは眼球全体を包み込むよう広がっています。なにかしら の原因でこれらの組織に炎症が起こることを「ぶどう膜炎」といいます。

網膜静脈分枝閉塞症

 網膜の静脈が閉塞する病気です。糖尿病網膜症と並び、眼底出血を起こす原因に挙げられ
血圧の高い高齢者に起きやすい。網膜静脈閉塞症は、50歳以上の年配の方に起きやすい病気ですが、さらに高血圧と深い関連があります。静脈閉塞が起きた患者さんの80パーセントは、高血圧のある人です。これは、高血圧によって、網膜から入った光が焦点を結ぶ所。カメラのフィルムに相当)の血管が痛められること(動脈硬化)が影響しています。
 高血圧のほかに、血管自体の炎症により発症したり、糖尿病などの血液の粘性が増す病気がある場合にも、発症しやすくなります。

長野県 長野市 眼科

診療科目 治療内容 視力回復