山田眼科 加齢黄斑変性症
  1. HOME
  2. 診療科目・治療内容
  3. 診療科目
  4. 加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症

 網膜のなかでもっとも重要な部分は、ものを見る中心となる黄斑です。黄斑は視力に最も関わりが深く、色を識別する細胞のほとんどはこの部分にあります。
黄斑に異常が発生すると、視力に低下を来たします。
この黄斑が加齢に伴って物が歪んで見えたり、中心部分が見えづらくなるような状態を加齢黄斑変性(AMD)といいます。
日本ではまだ馴染みの薄い病名かもしれませんが、欧米では成人の失明原因の第1位で珍しくない病気です。

 近年日本でも高齢化や生活習慣の欧米化で、加齢黄斑変性(AMD)の患者が増えています。しかし、まだこの病気の認知度は低いため、違和感を感じながらも医療機関を受診しないでそのままという方も多いと見られています。

黄斑変性症のは老化が原因の症状であり、50才を過ぎたころから見られ、 60~70代が最も患者数が多くなります。 今まで 視力は良かったのに突然発症したという例も多くみられます。
近年では日々治療法が開発されており、早く見つけるほどある程度の視力が維持できる可能性が高くなります。
線がぼやける、欠けてみえる、ゆがんで見えるなどの違和感を感じたら、眼科での受診をお勧めします。

加齢黄斑変性症
長野市 山田眼科

加齢黄斑変性症自己チェック

方眼紙の中心点を片目ずつ見て、視点の中心に黒い点や、ぼやけるところがないかどうか、方眼紙が歪んで見えるところがないかチェックします。

加齢黄斑変性症
長野県 長野市 眼科

加齢黄斑変性に焦点を置いたサプリメント 

参天製薬の「サンテ ルタックス20+ビタミン&ミネラル」
■3粒でルテイン20mgを補給できます。
■各成分の含有量と配合バランスにこだわった高品質な栄養補助食品です。
■ルテインのほか、健康維持のために大切なビタミンC、ビタミンE、亜鉛、銅をバランスよく補給できます。
■1粒ごとに包装され、衛生的で持ち運びにも便利です。
■健康補助食品GMP*の認定を受けた工場で製造しています。
※厚生労働省のガイドラインに基づいて、その指導機関が、製品の品質と安全性の確保を目的に定めた認定制度

長野県 長野市 眼科

加齢黄斑変性症の検査

(1) 眼底検査
 眼底検査とは、瞳孔の奥にある眼底を、眼底カメラや眼底鏡という器具を用い、レンズを通して観察し、眼底の血管、網膜、視神経を調べる検査のことです。眼底の血管は人間の体の中で唯一直接に血管を観察できる部位のため、そこを観察すると動脈硬化、脳腫瘍、高血圧、糖尿病などの全身の病気が推察でき、生活習慣病の検査としても重要です。

(2) アムスラー
 方眼紙のようなます目の表で、歪みの程度を知るために、変視症の自己診断、変視の評価に使用します。

(3) 光干渉断層計(OCT)
 眼底三次元画像解析のひとつで、眼底に弱い赤外線を当て、反射して戻ってきた波を解析して、網膜の断層を画像にして描き出す装置のことです。
加齢黄斑変性症や黄斑浮腫、黄斑円孔の診断や、緑内障における視神経繊維の状態を調べる際に役立てられています。

加齢黄斑変性症
長野県 長野市 眼科

診療科目 治療内容 視力回復