白内障手術 白内障手術
  1. HOME
  2. 眼科手術
  3. 眼瞼下垂手術

眼瞼下垂の手術について

眼瞼下垂一般的に眼瞼下垂には外科的な治療以外に方法はありません。また、皮膚を切除せずに眼瞼下垂の治療ができる方法というのも存在しません。美容外科の中に一部の治療がありますが、基本的には、持続できる方式としては切除が一般的です。切除する事で左右の違いなど印象の変化をもたらす為、どの方法が自分の眼瞼下垂にあっているのか医師と相談する事をお勧めしています。その意味で当院を来院される方も多いようです。

■挙筋短縮術
まぶたを持ち上げる筋肉である、眼瞼挙筋を切り取って短く短縮する治療です。ミューラー筋や挙筋腱膜も処理されたり切除されてしまいますので、開き具合は改善されますが、生理的にあった治療ではないため、症状の改善などは難しいことがあります。
挙筋短縮法は筋膜移植法と同様に昔からおこなわれてきた眼瞼下垂の代表的な手術です。デメリットも多く、今の主流は挙筋腱膜法が用いられています。挙筋短縮術のリスクでは、腫れ、内出血、腫れによる一時的な左右差があります。

■挙筋前転法
挙筋短縮法(タッキング)と比較すると挙筋短縮法の場合、眼瞼挙筋を切除したり傷つけて治療するために付随しているミューラー筋を同時に刺激してしまいます。しかし、挙筋前転法はミューラー筋を一切傷つけることなく眼瞼下垂の治療ができるため、健康的に改善できる術式として注目を集め、多くの医師が注目し実践されてきた手術です。
※ミューラー筋は交感神経が関与している大切な神経組織で、刺激によって片頭痛や肩こり、不定愁訴などさまざまな症状を呈する可能性があります。

■上眼瞼切開術
上眼瞼切開は全切開とも呼ばれ、上まぶたのたるみを切除して目の開きを改善させる眼瞼下垂の手術のひとつです。美容外科においても二重まぶたの切開の代表的な手術になります。美容外科では"アイリフト"とも呼ばれています。

上記以外にも形成外科、美容外科等で行われている手術もありますが、眼科医として目の視力や本来の目の機能を考慮して患者様と相談して術式を決めます。
 ※下垂の程度の軽い方、美容目的の方などの手術は、当院では施行しておりません。

<眼瞼下垂症の原因>
• 加齢によりまぶたを持ち上げる筋肉である挙筋が緩みまぶたが下がる
• コンタクトレンズの使用により、挙筋腱膜が剥離し眼瞼下垂の原因となる
•パソコンなどによる目の酷使
•アトピーなどアレルギー疾患女性のメイク
•メイクによるまぶたへの負担
•生まれたときから片方のまぶただけがしっかりと開かない、先天性眼瞼下垂

長野市 山田眼科

手術当日の流れ 

手術当日

1 ご来院
手術日の午前中にご来院いただき、受付をします。

2 手術
局所麻酔をした後、手術を行います。
時間は片目で40分ほど、両目で1時間前後です。

3 ご帰宅
30分ほどしっかりアイシング(患部を冷やすこと)をした後に帰宅します。
冷やすことで、術後のまぶたの腫れや皮下出血が少なくなります。

4 帰宅後
翌日までは、ご自宅でもアイシングをしていただきます。
通常通りの生活をしていただけますが、目をこすらないようにご注意ください。
抜糸は1週間後になります。

5 翌日
翌日ご来院ください。

長野県 長野市 眼科

診療科目 治療内容 視力回復