ICL眼内コンタクト ICL眼内コンタクト
 

ICL治療 眼内コンタクトレンズ

ICL治療は、今までの屈折矯正治療に比べて、眼内コンタクトレンズは目に優しい生体適合性の高い素材でできています。また角膜への影響が小さくドライアイになりにくい治療法です。
ICL治療はレンズをインプラント(レンズの移植)して視力を矯正する足し算の治療法です。また万一の場合は眼内コンタクトレンズを取り出し、治療前の状態に戻すことも可能です。
ICL(眼内コンタクトレンズ)は、ソフトコンタクトレンズに似た素材の眼内レンズです。眼内の虹彩の後ろに眼内レンズを挿入することで屈折力を変え、近視・乱視を矯正します。眼の内側にレンズが入るため、コンタクトレンズのように日常生活の中で外れてしまうこともなく、異物感もまったくありません。裸眼と同じ快適さで視力が回復します。
ICLは、レーシックと異なり、角膜を削ることなく、眼内レンズで近視を矯正するので、メガネやコンタクトレンズで矯正することのできない角膜のわずかな歪みが増えることがありません。
さらにクリアで鮮やかな見え方、立体感を実感できますので、見え方の質が高いのが特徴です。術後の違和感やドライアイを感じることもレーシックに比べ非常に少なく、負担も少ない治療法です。


ICL治療の手術

ICL治療ICL治療の手術時間は短く、通常20-30分程度で終了します。傷口が小さいので回復が早いのも特長です。
眼内コンタクトレンズ治療は取り外して元に戻せるところが安心です。度数が進行したり新しい矯正方法が登場したら、取り外してレンズを交換したり新しい治療法を導入することも可能です。

眼内コンタクトレンズの種類は様々です。
中には紫外線をカットするレンズや厚生労働省から認可を受けているレンズもあります。
また最近のレンズはハローグレア現象が起こりにくくなっています。
「眼内コンタクトレンズ」は、レンズを入れる位置が異なる「後房型」と「前房型」の2種類があります。

白内障の手術と違う点は、白内障手術では、濁った水晶体を取り除き、その代わりに人工のレンズを眼内に入れるのに対して、有水晶体眼内レンズは、水晶体は取り除かずに、水晶体の前に人工のレンズを入れます。角膜と虹彩の間(前房)にレンズを入れるタイプを前房型有水晶体眼内レンズと言い、それよりも後ろの虹彩と水晶体の間(後房)に入れるタイプを後房型有水晶体眼内レンズと言います。

後房型

後房型・虹彩と水晶体の間にレンズを直接入れ固定
・縫合や抜糸は不要
・術後も瞳の外見や印象は変わらない
中央部分に0.36mmの極小の穴が開いている(穴あき後房型ICL)レンズは、穴が開いていることで、房水の流れ(目の中で循環している水の流れ)がスムーズになり、術後の眼圧上昇を抑えるための虹彩切除術の必要がなくなります。

前房型(フェイキックIOL)

前房型(フェイキックIOL)・虹彩と角膜の間にレンズを直接入れ固定
・レンズにより縫合や抜糸が必要
※「どうして今まで普及しなかったのか?」理由はコスト面です。レーシックよりも高額な手術になります。もう一つの理由は、かつてのICLは、水晶体と虹彩の間の狭いスペースにレンズを移植するため、目の中の水(房水)の流れが阻害され眼圧が高くなって緑内障に至る危険性がありました。それを回避するために、術前にレーザーによって「周辺部虹彩切開術」を施行する必要がありました。また、ごくまれに水疱性角膜症という失明に繋がりかねない合併症があります。そのようなリスクを負うことは出来ないと考え、ICLの導入を見送っておりましたが日本で新しく穴あきのICLが開発され、房水の流れが生じるので、周辺部虹彩切除術を施行する必要が無くなり、それに伴う合併症がなくなりました。また、房水の流れが阻害されることによって、白内障になりやすい可能性も指摘されてましたが、その可能性も大幅に減じることとなりました。

山田眼科