フェイキックIOL フェイキックIOL
 

フェイキックIOL

フェイキックIOLは角膜と虹彩の間にある前房に挿入し、虹彩を固定することで、光の屈折を変えて近視、遠視、乱視を矯正する、いわば“目の中のコンタクトレンズ”です。
フェイキックIOLによる視力矯正は、水晶体を残したままフェイキックIOLを挿入するため、調節力を失うことがありません。フェイキックIOLを外し、元の状態に戻すことも可能です。


手術

手術は、点眼麻酔で痛みは感じません。片眼約10分、両眼約20分~30分です。
フェイキックIOLには、ポリメチルメタクリレートでできたArtisan(アルチザン)とシリコーンでできたArtiflex(アルチフレックス)の2種類があります。どちらも透明で耐久性に優れていて、白内障手術後に眼内に挿入される眼内レンズ(IOL)と同じ材質でできています。近視・遠視・乱視の度数や目の形状によって、使用するIOLを決めています。

メリット

•近視に対して角膜の厚さが薄かったり、強度近視や円錐角膜があってレーシックが不適応になってしまった方でも、近視・遠視・乱視の矯正ができます。
•レーシックのように角膜を削らないため、レーシックより見え方の質が高くなります。
•万が一レンズが合わなかった場合、レンズの種類を交換したり、レンズを外すことで手術前の状態に戻すことができます。

デメリット

•ごくまれに角膜内皮細胞が通常の減少ペースより多く減ってしまうことがあり、状況によってはレンズを摘出し、後房型のフェイキックIOLに交換する可能性があります。
•目に強い衝撃を受けるとレンズが虹彩から外れてしまうことがあります。
•将来、白内障の手術をする際はレンズを取り外す必要があります。

山田眼科