長野市 山田眼科 長野市 山田眼科 お問い合わせ 長野市 眼科 英語 長野市 眼科 中国語
長野市 眼科 山田眼科
長野市 眼科

長野市の眼科(山田眼科) 緊急医療と往診システムで長野市地域密着の眼科専門医

 長野市の医療法人つかさ会 山田眼科は、目の病気で悩んでいる、困っている地域の方々に高いレベルの診察とケアを提供できるように日々努力しております。白内障、緑内障はもとより難しい治療の目の病気についても対応できる体制と技術習得について、常に安心・安全を一番に考慮した患者様側に立った診察/治療体制を整えております。  めがね(メガネ・眼鏡)とコンタクトの専門店アイケアはこちら -長野市 眼科-

 診察科目も白内障、緑内障、加齢黄斑変性、眼瞼下垂、眼精疲労、ロービジョン、角膜、眼科形成、ドライアイ、網膜硝子体、糖尿病、小児眼科、斜視、心療眼科に対応し、視力回復治療としてオルケソラトロジーや、レーシック(LASIK)等の最新医療技術に対応。
 
 更に眼科専門医としてのアンチエイジング(眼科アンチエイジング)についても地域の皆様に定期的なセミナーを通じ、加齢についての知識を正しく理解していただき、「健やか」で「健康的」「能動的」な生活を送っていただけるお手伝いもできればと考え地域密着を重視した地域医療に貢献していきたいとおもっています。 目の不調も食べ物や、体調管理など生活改善から治療する事も可能であると考え、地産地消・身土不二(しんどふじ)など安心・安全な食事摂取が大切であり、眼科アンチエイジングにも有効であると考えています。

 長野市近郊の飯山市、中野市、須坂市、小布施町、信州新町、千曲市、坂城町、飯綱町、大町、白馬村、小川村、上田市などからの患者様の来院にも懇切丁寧に対応し、診察だけでなくお役に立てるセミナーや眼科の有名/著名医師を招いた特別診察等、難治療の眼の病気にも対応できる地域医療の体制を整えた医療活動に貢献したいと考えております。
長野市 眼科

長野市 眼科

LASIK レーシック治療 短時間で視力を矯正する画期的な治療法 長野市眼科

LASIK レーシック
 レーシック (LASIK: Laser in Situ Keratomileusis ) とは角膜屈折矯正手術の一種で、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術です。

 近視を補正する場合、眼鏡やコンタクトレンズ等の道具を使用することが一般的ですが、 LASIK レーシックでは角膜を矯正手術することにより限りなく正視の状態に近づける事が可能です。 1000分の1mmもの高い精度で角膜の形状を整え、短時間で視力を矯正する画期的な治療法。

視力を矯正する画期的な治療方法 LASIK

 日本でもゴルファーやレーサー、野球選手などたくさんのプロのスポーツ選手が屈折矯正手術を受けて素晴らしい視力を手に入れています。
 最近では、スポーツ選手を中心にではレーシック希望者が徐々に増加しています。コンタクトレンズやメガネの煩わしさからの開放は、多くの患者様の喜びに繋がっています。

長野市 眼科

長野市 眼科

オルソケラトロジー 寝ている間に角膜強制

 オルソケラトロジー(Orthokeratology)は 特殊なカーブデザインが施されたハードコンタクトレンズを装用することで角膜形状を変形して矯正し、近視などの治療する角膜矯正療法を言います。

寝ている間に視力回復、オルソケラトロジー

 簡単に説明するならば、 『寝ている間に特殊コンタクトレンズを装用し、角膜の形状を矯正することで視力を回復させる療法です。』
 『いままでのコンタクトレンズとは逆の使い方で、夜寝る時にレンズを装用し、朝起きて外すだけで角膜の形状が変化し視力が回復します。』
 回復した視力は一定期間維持され、日中は裸眼でも良く見えるようになります。

長野市 眼科

長野市 眼科

眼瞼下垂(がんけんかすい) 保険適用の疾病

 眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、先天的理由、後天的理由(眼筋疾患・加齢・コンタクトレンズ装用等)により、上眼瞼(上まぶた)の機能に障害が生じ、瞼が開きづらくなる疾病の一つです。

保険適応の疾患 下がった一重瞼を二重に戻す

まぶた
 眼瞼下垂手術は、美容系というイメージとは、違い保険適応の疾患であり眼瞼周囲の形成が可能です。
 眼瞼下垂を見れば、様々な病気が想定されるわけですが、多くの腱膜性下垂は、加齢によるものが一番多いものですが、最近ではコンタクトレンズ長期装用による眼瞼下垂が注目されております。
 この症状を治療し日常生活を明るく過ごす事で精神的にも活発になる、そんな治療も山田眼科の眼科アンチエイジングです。

長野市 眼科

長野市 眼科

網膜硝子体クリニック

 網膜硝子体とは、眼球の内腔をうめる透明なゼリー状の組織です。このゼリー状の組織は病気が起こると病気の進行に大きく関与していく事が究明されてきました。
 現在の硝子体手術では、混濁した硝子体の除去や増殖した網膜硝子体の組織、または貯留した血液を除去する事で病原菌をとり除くことにあります。

 手術によって、光軸部の混濁を除去し透明にすること、硝子体を切除し疾患が進行する場を除くこと、網膜への牽引を除去することなどで、疾患に応じた目的・効果があります。

硝子体や網膜には多くの病気があり、放置した場合は失明に至る病気

 硝子体や網膜に関する病気に対しては、硝子体手術を行うことにより良好な結果を得られます。
手術は、角膜の横から細い器具を挿入し、眼の中の出血や濁りなどを硝子体と一緒に取り除く手術です。
効果のある病気として 網膜剥離、糖尿病網膜症、硝子体出血、黄斑浮腫、黄斑円孔、黄斑前膜、黄斑変性症があげられます。
 入院する必要が無いので、お仕事などの負担を軽くすることができます。ただし、ご遠方の方で宿泊を希望される方は、医師またはスタッフにご相談ください。

長野市 眼科

長野市 眼科

斜視、弱視(ロービジョン)

 弱視とは、暗いところ、眩しさが苦手、小文字が見にくい
斜視とは、片方の目の視線と他方の目の視線が異なる眼位異常
 山田眼科では、斜視・弱視の専門医の特別診察もありますので御相談下さい。

弱視 (暗いところ、眩しさが苦手、小文字が見にくい)

 視力が著しく弱く、日常生活や就労において、様々な制限や不自由を強いられる状態になります。視野のほぼ半分が欠損する半盲症という疾患があり、混同を避けるために弱視と呼ばれるようになっています。長野市山田眼科では、いろいろなアイディアを活用し、生活の質を向上させるポジティブ(前向き)な医療を行なう努力をすることが、ロービジョンクリニックの真の目的と考えています。

斜視(片方の目の視線と他方の目の視線が異なる眼位異常)

困った
 斜視とは、両眼の視線が正しく見る目標に向かわないものをいいます。片方の目が正しい方向を向いているのに、他の目が内側や外側、あるいは上下に向いている眼の異常の場合を示します。

 斜視は眼球を動かす眼筋と重要な関係にあり、両眼の眼筋が微妙に調節して焦点を合わせるように眼球を動かしていますが眼筋の神経支配の異常や眼筋異常、更に眼筋附着郡の異常などがあります。両眼の眼筋の微妙なバランスがくずれて斜視になることもあり、乳幼児期の異常は正常な視機能の発達自体をそこなうことがあり早めの治療が大切です。

長野市 眼科

長野市 眼科

加齢黄斑変性症

 網膜のなかでもっとも重要な部分は、ものを見る中心となる黄斑です。黄斑は視力に最も関わりが深く、色を識別する細胞のほとんどはこの部分にあります。この黄斑に異常が発生すると、視力に低下を来たします。

線がぼやける、欠けてみえる、ゆがんで見えるなどの違和感に注意

不安
  この黄斑が加齢に伴って物が歪んで見えたり、中心部分が見えづらくなるような状態を加齢黄斑変性(AMD)といいます。
近年日本でも高齢化や生活習慣の欧米化で、加齢黄斑変性(AMD)患者が増えています。しかし、まだこの病気の認知度は低いため、違和感があるのに医療機関を受診しないでそのままという方も多いと考えられています。
 線がぼやける、欠けてみえる、ゆがんで見えるなどの違和感を感じたら、眼科での受診をお勧めします。

長野市 眼科

長野市 眼科

白内障

目のレンズである水晶体が白く濁る為、かすんで見えにくくなる疾患。
白そこひ、うみそこひなどともよばれ、先天性と後天性に大別され原因や混濁の形状および位置によっても分類されます。

妊娠中の風疹(ふうしん)に注意

眼がみえない
 老人性白内障、糖尿病性白内障、外傷性白内障などの後天性白内障のほか、点状白内障、層間白内障、中心白内障などがあります。
 また、全白内障は母親が妊娠中に風疹(ふうしん)にかかった場合にその子に白内障を生ずるものもありますので注意が必要です。 更に老人性白内障が近年増加傾向にあり、緑内障や網膜疾患などの他の眼疾患のために二次的に発生する併発白内障にも注意が必要です。

長野市 眼科

長野市 眼科

緑内障

緑内障
 閉塞隅角緑内障は、女性に多く男性の3倍とも言われています。 急性に起こる急性閉塞隅角緑内障では、眼痛、頭痛、嘔吐(おうと)などで苦しみ、他疾患と誤診されやすいのが特徴です。前症状としては疲労時などの目がかすみ、電灯のまわりに虹がかかってみえたりします。安静にすると症状が消えるため注意が必要です。急性発作時には、すみやかに眼圧下降治療を受けないと失明またはそれに近い視機能障害を残します。

開放隅角緑内障の9割が自覚症状なし

 開放隅角緑内障は、徐々に視神経障害が進行し、いずれ失明に近くなるものです。自覚症状なしで進み、見えるはずのものが見えないことで初めて気付かされるのがみのタイプの緑内障です。徐々に進行する為に早期発見が妨げられ、発見された緑内障の9割に自分が緑内障であることを知らないで過ごしているケースがあります。
 早期に発見して十分な眼圧下降を保つことができれば、進行はきわめて緩くなり、生涯生活に支障をきたさない程度に抑えることができます。

長野市 眼科